クレジットを利用すると

クレカをショップで決済する場合に、誰でも体験したことがおありではないかと思いますが店員が理解していないことでどちらのレシートをお客さんの方に渡すべきか迷っている時があるのではないでしょうか。もう一度英語 ビジネス Plus

クレジットを利用すると、から複数の利用レシートが出てくるためで、これらのどれをお客様側へ渡してよいものかどうか迷ってしまうということがあるのです。

複数枚の使用レシートについて:3組綴りの紙の内容とはどういうものなのかを要約すると以下の通りです。

1客へ渡す明細。

2店舗で保管する使用明細。

3カード会社保管用利用レシート(署名をする明細)。

本来であればもちろんカード利用者の方に渡す使用レシートを渡すのだが、たまに、店舗控え利用明細の方をカード利用者の方へ見間違えて渡すというパターンや記名した方の利用明細自体を渡してしまうといった事例すら見受けられるのです。

これはパートの担当者の場合や普段クレカというものが使われることの少ない店頭の会計でカードを使うと店員の動揺を垣間見れると思います。

もしも違う利用レシートというものを渡そうとしてきたときはやさしく「間違ってますよ」と教育してあげてください。

Link

Copyright © 1996 www.todoarbol.com All Rights Reserved.