「任意保険」で補償します

車の損害保険には自賠責保険または任意保険といったふたつのタイプが販売されています。

自賠責保険、任意保険ともに、万が一の事態など遭遇したときの補償を想定したものですが、実際の内容はやや異なっているといえます。

ふたつの保険を比較すると補償の対象となる範囲が同じではありません。

※相手へは任意保険あるいは自賠責保険を用いて補償されます。

※自分自身については、「任意保険」で補償します。

※自分の財産については[任意保険]によってのみ補償できます。

自賠責保険それのみでは、自分の負傷ないしは車両を対象とした補償などのサポートは受けることができません。

さらに相手方に向けての支援ですが自賠責保険については亡くなったケースでは上限額三〇〇〇万円・障害が残った場合最高額四千万円というように決まっています。

しかし賠償額が先に挙げた数字を超えることは珍しくありません。

またさらに事故の相手方の所有する自動車もしくは不動産を破損してしまった際においては害を加えた人による自己補償になると定められています。

ですから任意保険が必要だと考えられます。

危害を受けた者の救いを主眼としている任意保険というものにも実は、それ以外の補償内容が存在します。

※事故の相手に対しては、死亡時もしくは怪我だけでなく車両・不動産などのものを補償してもらえるのです。

※自らに対しては搭乗者も加えて、死亡時や傷を賠償してくれます。

※自己が所有する財産に対してはマイカーを補償してくれるのです。

こういった種々の面における支援が万全であるということが任意保険が持つストロングポイントです。

保険の掛け金の支出はもちろん必要となってしまうのはしょうがないですが、事故を起こした時の相手方のためにも自分自身のためにも乗用車に余計な心配を抱くことなく乗りたいのであればぜひとも任意保険に加入しておいた方がよいでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.todoarbol.com All Rights Reserved.