伝えて事故が発生した地点が分かるようにします

想像できずに思いがけず遭遇するのが自動車の事故です。過払金返還請求を恐れずに実行するには

ここでどう対応した結果が原因となり自動車保険料の支払額も相当変わってくる場合もあるので適切な考えと対応力が重要です。

思っていないアクシデントに混乱してしまったら重大な工程を見逃してしまい、先々自分自身が損をしてしまう時もありえるので自動車事故を起こしてしまった時には適切に以下の行動をします。

自動車の事故の遭遇した場面で一番にしなければいけないのが怪我をした人の状況を確認する必要があります。

乗用車の事故直後は訳が分からずぼうぜん自失となってしまう状況がありなかなか対応できないのが通常です。

その場面では、怪我をした方がいたら危なくない場所へ移してできる限りの処置を行って、救急車を呼ぶなどを行い救助の優先に努める必要があります。

救急車を呼ぶ場合には適切な位置を連絡し、分かりにくい場所では周辺の目を引くお店や町名を伝えて事故が発生した地点が分かるようにします。

その次に警察に知らせ、交通事故があった旨と現在の様子を知らせます。

救急車とパトカーの到着を待っている内に事故相手の内容を確認します。

氏名、住んでいるところ、免許証、事故相手の自動車保険会社名などなど互いのことを交換します。

その時に事故の相手方に非があるような場合は、すぐにやり取りしようとする場合がよくありますがその場で解決するのではなく、どの時にかかわらず警察署や車の保険会社通報して、ちゃんと調べてもらうようにしましょう。

互いの連絡先を伝えたら他の車のさまたげにならないように妨げとなる物道の上から取り除きます。

もしも邪魔な物が他の交通の障害物となっている時は相手と自分の情報交換をするより先にこの作業をしても問題ありません。

ここで自分の掛金を支払っている保険屋さんに連絡を入れて、自動車事故が発生したことを電話します。

車の事故から一定の時間内に自動車保険の会社に連絡を入れないと自動車保険の適用除外にされる場面も想定されますので気がついたらすぐに行動することが大事です。

出来るのならば事故現場の証拠として、デジカメや携帯電話のカメラ等で事故現場やマイカーの破損の様子が分かる写真をを撮ります。

それは責任の割合決める重要な糸口とできますので己の乗用車や相手の自動車の破損状態を正しく手がかりとして残しておくことが重要です。

この場面で近くに人がいたら警察や保険屋さんやってくるまで一緒にそのまま待機して頂けるようにお願いするのも大事です。

Link

Copyright © 1996 www.todoarbol.com All Rights Reserved.