www.todoarbol.com

不景気な時代において就職は新卒でも厳しい状況です。自分の希望する企業や職種につくためには、人よりも優れているところを示す必要があります。面接の場では最大のアピールの場になるので、人よりも優れている点を強調することが大事です。また、口でいくら自分のアピールをしても説得力に欠ける場合があります。そのためには資格を取得すると良いです。中途での就職の場合には、今までの経験を活かせるように考え、今までに担当した仕事や、難しい仕事の内容をきちんと伝え、どの程度の成果があったかできる限り数値化して示すと効果的です。話がうまく自分のアピールをきちんと伝えられる人は有利になりますが、できる限り説得力があるような実例や数値化を交えてアピールすることが大切です。不景気な時代では求人も少ないので、ライバルと差をつけるためにも、特別な部分や自分にしかできないことを示すことが大事です。面接対策をきちんとしてから臨むことも大事なことです。

Link

Copyright © 1996 www.todoarbol.com All Rights Reserved.